成年後見制度とは

弁護士に相談できる問題の中で身近であり、利用する可能性が高いものは成年後見制度でしょう。この制度は病気や障がいなどで、物事を自分で正しく判断することができなくなった人の権利を守り、支援するための制度です。病気などでこの様な状態に置かれてしまうことは、誰にでも起こる可能性があります。成年後見制度を正しく理解し、利用すれば、未然に対応策を取ることが可能となります。

成年後見制度の中身は二つに分けることができます。一つは、自ら判断ができない人のために裁判所が後見人を選任する法定後見制度。この制度では、本人の判断力の差によって後見・補佐・補助の三つに分類されます。もう一つは、将来に判断力が低下することへの対処として、判断力があるうちに自ら代理人を決めておく任意後見制度です。

判断力が低下してしまうと、自分自身で財産の管理を行うことや重要な契約をすることが正常にできなくなってしまいます。その様な場合でも、本人の代理として管理・契約を行う成年後見人がいれば心配には及びません。また、法定後見制度、任意後見制度の両制度ともに家庭裁判所の介入によって監査が行われるので、安心して制度を利用することができます。